成人の知的障がいの方へお金の使い方のお話をしてきました

2017年7月15日に東京都武蔵野市にある地域生活支援センターびーとのサマーセミナーの講師をしてきました。

テーマは「知ろう!学ぼう!お金の使い方」~上手に使って楽しみをひろげよう~ です。
成人の知的障がいのある方が自分でお金を管理していく為のお話をさせて頂きました。

びーと写真3

この日の参加者は知的障がいのある成人の方々で年齢は20代から40代で22名でした。
3つのグループに分かれて着席して、支援員の方に一人ずつグループに入って頂いて、グループでの話し合いや、レジュメにあるワークなどを行いながらお話をさせて頂きました。

何より驚いたのが参加された皆さんの「学ぼう!」という意識の高いこと。
皆さん積極的に発言をしてくださいます。
びーと写真1

そしてワークもとても真剣に取り組んでくれます。
字も丁寧にしっかりと自分で記入していきます。
びーと写真5

知的障がいのある人の持っているお金の管理は、親や後見人だけでなく、グループホームの支援員や通所の支援員などご本人に関わる全ての人々がチームを組んで行うべきです。
自分で自分が使うお金を管理できるようになると、自分で様々なことを選べるようになり、自己決定の幅が広がって生活の質が上がります。

お金の管理は学齢部の内からご本人が出来るようにステップアップしていくと親もご本人も負担なく出来るようになります。

今回の参加の皆さんの中にはすでにおこづかい帳をつけている方や、銀行などからの引き出しも自分で出来ている方もいて素晴らしいと感じました。

お金の管理はおこづかい帳だけではなく色々な方法があります。
ご本人の分かりやすい方法であれば、どんな形でも良いのです。
そんな方法の一部も紹介させて頂きながらお話をして、あっという間の1時間半でした。

びーと写真2

途中の休憩時間にはちょっとしたゲームなどもして、私も楽しい時間を過ごすことが出来ました。

講座を終えた後に、「今日はありがとうございました。」と握手をしに来てくださった方もいて嬉しかったです。

皆さんのお子様も少しずつ自分でお金を管理する方法を始めてみてはいかがですか?
ぜひお手伝いさせて下さい。