思うところはたくさんあるけれど   津久井の事件で感じた事

私たち知的障がいの子どものいる家族にとってとてもショッキングな事件が起きました。

様々な報道がされていますが、事件についてはもう少し分かってきてから私の意見は述べたいと思っています。

今の時点で一つだけ言える事は
「殺されても良い命なんてこの世に存在しない」

知的障がいがあっても長男は人生を楽しみ、少しずつ自立して生きています。

長男が私のもとに来てくれたことで多くの発見と私の人生の広がりがありました。

長男の人生を守るために親として出来る事は最大限やっていこうと強く思っています。

 

いつか差別のない世の中になって欲しい・・・

a1130_000176